キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
Image J

科学者用の画像解析ソフトウェア


d0058690_11222095.jpg
通常の画像ソフトが画像を編集するのが主な目的であるのに対し、本ソフトの目的は、画像を解析することにある。そのため、蛍光強度の検出と比較、コロニーのカウント、DNA長の計測、指定領域の面積の計測等々、厳密さの要求される計測を行うことが可能だ。また、各種画像フォーマットへの変換や、スライス画像を積み重ねて3D画像を合成したり、アニメーション画像の作成、3Dとして作成した場合にはX軸、Y軸だけでなく、Z軸方向への回転アニメーションを作成することができるなど、画像編集ソフトとしても優れている。(ただ、やはり基本は解析であるため、Photoshopなどと比較すると選択系のツールがやたらと豊富なのに対し、ブラシなどの編集のためのツールは、やや少ない感じはする)

さらに、プログラムがJAVAで書かれているが、ソースコードが公開されているため、目的に合わせて自由にプラグインを作成することができるため、無限の可能性を持つ。自分で、プラグインを書かなくても、メーリングリストなどサポートが充実している上に、マニュアル・解説ホームページ類も豊富なのも心強い。

すべて英語メニューであるため、とっつきにくい感はあるかもしれないが、操作方法は非常にシンプルであるため、初心者でも容易に使うことが可能だ。起動も動作も非常に速いので、ストレスもなく、フリーとは思えないほど非常に優れたソフトだ。

【 作者 】 National Institutes of Health
【 URL 】 http://rsbweb.nih.gov/ij/
【 対応OS 】 Mac OS X, Linux x86, Windows, Mac OS 9
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
by tool_collector | 2008-08-07 11:40 | グラフィック
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.