キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
カテゴリ:ゲーム( 5 )
Little Spirits

精霊が冒険するRPG

d0058690_1055262.gif主人公(精霊)が突然生まれるところから話がはじまる。精霊は、精霊使いの強い願いを受けてうまれる。では、自分が生まれた意味は何なのか?どう生きていくべきなのかを冒険をしながら見つけていく。絵がとても綺麗で、話もおもしろく飽きない。
魔法のシステムが少し独特。魔法のカケラというアイテムを使って好きな魔法を覚えることができるが、忘れることもできる。その際に、魔法のカケラは元に戻る。ゲームバランスはとてもよく考えられている。敵はエンカウント方式。ただし、魔物の巣というものを封印しないかぎり、何度でも敵が湧いてくるという独特の仕組み。
サブシナリオやミニゲームが豊富で、本編以外にもいろいろと楽しむことができる。とても完成度の高いゲーム。

【 作者 】 とぶ
【 URL 】 http://www5d.biglobe.ne.jp/~toshi_c/game_room/
【 対応OS 】 Windows 98、Me、2000、XP
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2006-01-22 11:11 | ゲーム
時の故郷(英語版)

恋愛シミュレーション

d0058690_19211772.jpg恋愛シミュレーション。ある夏に起きた、時を超えたドラマをFlashを使って描いた作品。写真が豊富に使われていて、音楽もとても綺麗。ちょっとした推理が用意されていて、短いながらも結構楽しめる。もともと日本語で制作されたものをイーオンが英語に訳したものらしい。(なぜか、エンディングに関しては日本語のままだけど・・・)

【 作者 】 MAKIO
【 URL 】 http://www.perapera.co.jp/(英語版。イーオンのペラペラというサイトでダウンロードが出来る)
【 対応OS 】 Windows95/98/Me/NT4.0/2000
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2005-09-22 19:31 | ゲーム
Cresteaju

バトルフィールドが独特なゲーム

d0058690_19521418.jpgファンタジーRPG。このゲームの一番の特徴は、3次元バトルフィールドだ。キャラクターの配置を変化させることができるために、魔法の効果範囲や、直接攻撃の打撃の大きさなど、通常と少し異なるパラメータを考慮しなければならない。また、魔法の修得は、レベルアップ時に得られる魔法修得ポイントというものを消費して任意の魔法を修得することができる。他のRPGに較べて自由度の高い戦略を立てることが出来るという点で、バトルがおもしろいゲームだ。

難易度に関しても綿密に設定がしてあるのか、適切な戦略を立てれば必ず勝てる。したがって、無意味なレベル上げや金稼ぎなどをする必要はほとんどなかった。非常にサクサクとすすめていくことができる。始め少し違和感を感じたのが、フィールドの大きさに対して、キャラクターが小さい感じがすること。だから、移動も普通よりも余計に動かさないといけない。慣れると気にならなくなる。

【 作者 】 Shou
【 URL 】 http://homepage1.nifty.com/sakurayama/
【 対応OS 】 Windows 2000 , Windows XP
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2005-09-21 20:01 | ゲーム
Seraphic Blue

超長編RPG

d0058690_11513295.gif非常に濃いストーリーの超長編RPG。「死」というテーマもさながら、ストーリーにこれだけ力をいれているRPGはなかなかお目にかかれない。(戦闘時間よりも、ストーリー展開の時間の方がかなり長い!!)豊富に描かれたイラストや、綿密に織り込まれたストーリーは見事というほかない。少しずづ解き明かされていく謎に引きつられて非常に長いゲームならがもついつい最後までプレイしてしまう。だんだんマンネリ化して、やる気のなくなってくるゲームもあるが、このゲームに関して言えば、そういったこととは全く無縁といえる。

ストーリーに加えて、このゲームの面白さを加えているのが、独自の戦闘感である。通常は、後半になるにつれて敵が相対的に弱くなり面白さがなくなってくる。しかし、このゲームでは、少しでも気を抜くとあっという間に倒されてしまうという緊張感が常につきまとう。何しろ、物語最初からかなり強い敵が出現する。きちんと対策をとれば十分に倒すことができるものの、楽しては倒せないというバランスの良さは見事という他ない。

この戦闘の面白さは、RPGに必ず付きまとう様々な問題(通常は問題でもないのだが、このゲームをすると問題のように思えること)に対する様々な工夫がもたらしたものであろう。まず、ワンパターン化しやすいキャラクターの強化に関してだが、スフィアというものに様々な技能を付加することでプレイヤー独自のキャラクター強化が可能な仕組みを取り入れている。また、通常のRPGでは、経験値は敵を倒していなければ得ることができないために、いかに敵を倒した時に味方が死なないように気をつける必要があるのに対して、このゲームでは敵を倒しさえすれば、直接戦闘に参加していないメンバーでさえ経験値を得ることができる。回復の仕方も特殊で、回復袋みたいなものから自動的に回復させることができる。要は、戦闘以外のことに余計な気を回さなくてもよいような仕組みになりつつ、プレイヤーがいろいろ工夫できるようにしているのだ。

このゲームでは、単純なハッピーエンドではなく、ちょっと考えさせられる終わり方であるのも逆に新鮮だ。ちょっとした小説を遥かに超える濃厚なストーリーと戦闘システムは、新しいRPGを感じさせ、クリアして数年後にまたやってみたくなるような気持ちになるようなゲームだ。クリア時間の目安だが、最短で50時間ぐらい。

【 作者 】 天ぷら
【 URL 】 http://www2.odn.ne.jp/~caq12510/
【 対応OS 】 WindowsXP WindowsMe Windows2000 Windows98 Windows95 
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
by tool_collector | 2005-05-30 10:44 | ゲーム
ソウルゲート v1.164

奥の深いカードゲーム

d0058690_11422177.gifRPGツクールというソフトで作られたカードゲーム。RPGツクールで作られたゲームはどれも似たような感じになる傾向があるのだが、このゲームはもはやRPGツクールではない。完全なるオリジナルゲームになっている。

このゲームは、プレイヤーはモンスターカード、技能カード、魔法カードといったカードを使い分けて相手を倒していき、少しずつ自分のカードを増やしていくことで自分のデッキを強化していくゲームだ。最初のうちは、非常につらい。弱いカードしかないので、簡単に倒されてしまう。僕が始めてプレイした時は、簡単にゲームオーバーになってしまったので、すぐにやめてしまった。しかし、後で腰をすえてやってみると、とてもはまるゲームだ。

すべての洞窟を探検して鍵を集め、最強の神カードを手にした後に神官と戦い、勝つことで一応のエンディングとなる。しかし、それでゲームは終わりでなく、むしろそこからが、このゲームの始まりなのだ。エンディングを迎えることによっていろいろ状況を変わり、先に進めるようになっている。ここからは、ひたすらすべてのカードをコンプリートするため戦い続ける。このレベルになると、保存はやりたい放題、ワープも無制限であるため、ゲームオーバーとは無縁になりRPG的な要素はまったくなくなる。ただ、ひたすらカードゲームをし続けるのだ。僕は、155種類カードを集めたところで、ギブアップした。召喚獣を全部そろえるのが非常に大変。

【ゲームの内容に関して】
このゲームでキーポイントとなるのが、何の効力もないアイテムカードをいかに使うかということだ。闘技場というところでは、カードバトルを行うのだが、ここですべての敵に3勝ずつしてもらえるアイテム圧縮というカードは非常にありがたい。クラスが上がるごとに圧縮度合いが増していき、最終的には1枚にまで圧縮することができる。

初期の頃は、神官の質問に出てくるモンスターを見たことすらないという状況だ。その場合は、作者のホームページのカード情報や、ゲームのフォルダの中にある画像を見て値を確認するとよい。神官の質問に正解すると貴重なアイテムを2回もらうことができる。ゲームの初期の頃に取得すると楽になる。
【 作者 】 Soul Gate Project
【 URL 】 http://www.geocities.jp/soulgate2830/index.htm
【 対応OS 】 WindowsXP WindowsMe Windows98 Windows95 
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2005-05-27 11:41 | ゲーム
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.