キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
カテゴリ:データベース( 4 )
Mendeley

高機能論文管理ソフト

d0058690_9123788.jpg論文を管理するソフトは数多あるが、最もお勧めできる無料の論文管理ソフトがMendeleyだ。論文を管理する上で、最も悩ましい問題の1つと言えるのが、複数あるパソコンでどのように管理するかという問題だろう。このソフトは、この問題に完璧な解決策を提供してくれる。Mendeleyではデータベースをサーバーに自動的にアップロードすることができ、サーバー上のデータは、インターネット接続時にローカル上のデータと同期される。後に他のパソコンで接続したときには、サーバー上のデータと異なる点があれば、自動的に差分を同期してくれる。そのため、複数のパソコン間でデータを共有できるのだ。このソフトは、Machintosh、Windows、Linux用にそれぞれソフトがあるので(もちろん無料だ)、異なるOS間でも共有できるし、Web上からもアクセスできるので、外出先のパソコンからチェックすることもできる。さらに、最近になってiPod用のソフトもできたので、なんとiPodからもチェックできる。公式サポートではないが、有志によってMendeleyにある論文をKindle上で見るツールまである。(詳しくは、Mendeley2Kindelのページにて確認して欲しい)

管理する上で重宝する機能が、フォルダとタグである。フォルダは簡単に理解できると思うが、自分で好きなカテゴリーなどを決めて論文を入れておく箱である。さらに、各論文には、自分の好きなだけ関連するタグを付けることができる。また、論文の筆者が付けたキーワードも自動的に取得して別に管理されている。論文を探す際には、これらのタグの他に、自動的に取得されている著者や出版社などを一覧から選んでフィルターをかけた後、探すことができる。また、自動的に取得される本文を対象にして検索することも可能だ。

便利なのが、MendeleyにはPDF viewerが内蔵されているため、論文名をダブルクリックすれば、Mendeley上ですばやく論文をチェックできること。しかも、このPDF viewerはAdobe Readerに比べてスーパー早いので、ストレスフリーにチェックすることが可能だ。このViewer上では、文字をコピーするだけでなく、重要と思った文章を黄色の蛍光ペンで塗ったり、注釈を書いたりすることもできる。もちろん、それらの変更は保存されるので、次回論文を開いたときにはそれらの注釈を見ることができる。また、各論文には、自分用のノートを保存しておけるので、これらの機能を活用すれば、論文ノートとして十分に活用できるだろう。

Mendeleyへの論文の取り込み方は、大きく分けて2通り存在する。おそらく最もよく活用すると思われる方法が、PubMedなどホームページから論文をブラウザ上に表示させた状態で、あらかじめ登録しておいたブックマークをクリックする方法。これで、自動的に、論文の基本情報(著者リスト、出版社、出版年月日、ページ、Volume、Abstract、著者の設定したタグ)が取得される。もし、設定がしてあれば、自動的にPDFもダウンロードしてくれる。ダウンロードされたPDFは、あらかじめ自分で決めておいたルールに従って名前が付けられる。(例えば、論文のタイトル+年月日+筆者名を名前にすることができる)。2つ目の方法が実にユニークなのだが、ダウンロードしてある論文をソフトへドラッグするだけでよい。これで、論文から自動的に情報を読み取ってくれるのだ。論文のdoiからネットワーク上のデータにアクセスして、自動的に正しい情報かどうか検証してくれる。また、論文は、自分で決めたルールに沿って自動的に新しく名前がつけられたもののコピーがローカル上のデータベースへ保存される。

論文を書く際に便利な機能が、Wordへのプラグイン機能である。Mendely上で論文を選ぶだけで、Wordを使って論文を書く際に、参照論文を挿入することができる。しかも、実に多くの雑誌に合わせた参照スタイルが既に用意されているので(数えていないが、優に500以上はあるだろう)、投稿したい雑誌のスタイルを選ぶだけで簡単に参照論文リストが完成する。いままで、参照論文リストを作るためだけに、(やたらと重くて使い勝手の悪くて値段の高い)EndNoteに悪戦苦闘していた人は、すぐにMendeleyを使うことをお勧めする。

他にも、いろいろとMendeleyには優れた点があるのだが、最も優れた点は、ユーザーのリクエストを受け取る仕組みを備えていることだ。各ユーザーは、10点のポイントを所持していて、欲しいと思った機能を自分でリクエストしたり、他のユーザーがリクエストした内容に対して、最大で3点をあたえることができる。Mendeleyの制作チームは、合計のポイントが最も高いリクエスト内容に対して、新しい改良を行う。もし、実際に改良がおこなわれたり、改良が却下された場合には、与えたポイントは手元に戻ってくるので、また新しいリクエストを行うことができる。この仕組みによって、Mendeleyは常に進化しているため、今後、さらに使い勝手がよくなっていくことが期待できる。

【 会社 】 Mendeley Ltd.
【 URL 】 http://www.mendeley.com/
【 対応OS 】 Windows, Machintosh, Linuxなど
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
by tool_collector | 2011-05-27 10:04 | データベース
EVERNOTE

Web上のデータ管理ツール

d0058690_1758550.jpg様々なデータを管理するデータベースのようなソフト。特にWeb上のデータの管理に適している。主な使い方は、(1) 保存しておきたい部分を選択、(2) ブックマークのボタンをクリック、という非常に簡単な操作で手軽にデータを蓄えることができる。Web上のデータ以外にも、PDFファイルや、各種画像(jpg, gif, bmp, png)、音声データなども保存できる。また、有料版にアップグレードすればWordやPowerpointなどのファイルも扱うことができるようになる。

Evernoteの特徴は強力な検索機能にある。
おそらく、最も使うであろうと思われる検索方法が、タグをターゲットにした検索方法だ。タグというのは、各データごとに付けられる識別キーワードであり、ユーザーはデータを登録する時に、自分の好きなキーワードを1つのデータに対していくつでもつけることができる。その際に、既に使われているタグを入力しようとすると名前が補完されるので、タグの名前をいちいち覚えておく必要はない。
また、属性によって検索することも可能だ。属性検索では、データが追加された日付や、ファイルの種類、データ源(Webのデータ、メールで登録されたデータ、携帯電話から登録したデータetc...)、最終更新日などから検索が可能だ。
しかし、何と言っても素晴らしいのが、データに含まれる文字による検索機能である。何がすごいかというと、Evernoteでは、画像に含まれている文字も自動的に認識して、文字として検索が可能なのである。したがって、以下のような応用も可能だ。たとえば、自分の持っている本をカメラで撮影して保存しておくだけで、自分の持っている本の蔵書録が作れてしまう。また、掲示板の貼り紙を携帯電話で撮影して、そのままEvernoteに送ってしまえば、内容を書き写すことなくデータとして蓄積することが可能だ。驚くべきことに、この機能は自分の手書きの文字もきちんと認識してくれる。ただ、日本語の画像は認識しないのが、唯一にして最大の欠点か・・・。もちろん、PDF中の文字や、Web上の日本語については問題なく検索できるので、特に不便に感じることはないだろう。
ユニークな機能として、Jottと呼ばれる音声をテキスト化するサービスと組み合わせることで、電話にかかってきた留守電の内容を自動的にテキストに変換しEvernoteに蓄積させる使い方も可能である。

Evernoteのメインとなるインテーフェイスは、サムネイルを画面上で自由に移動・並び替えができるサムネイル形式と、リスト表示の2種類で表示することが出来る。必要最小限のボタンしかないので迷うこともなく、非常にシンプルな画面にまとめられているため利用しやすい。

このソフトは、Web上で利用する他に、コンピュータにダウンロードして使うソフトもMac用、Windows用それぞれに提供されており、その場合には、オフライン時にも使用することができるようになる。画面の構成は、同期ボタンがある以外には、ほとんどWeb版のEvernoteと同じなので違和感なく使うことができる。また、iPod touch/iPhone用のソフトも提供されている。

似たようなソフトとしてGoogle ノートブックがあるが、最近(2009年1月14日)になって公式ホームページにてサービスの中止がアナウンスされた(参照:Stopping development of on Google Notebook)。Google ノートブックのユーザーのために、Evernoteへの移行するための手順が動画を使ってホームページ上で紹介されているので(Welcome You Fine Google Notebook Users)、すぐに移行することをお勧めする。

【 作者 】 Evernote Corporation
【 URL 】 http://www.evernote.com/
【 対応OS 】 Mac OS X Leopard, Windows, iPhone / iPod Touch, Windows Mobile, SanDisk U3
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2009-01-27 18:34 | データベース
JabRef

文献を管理するソフト

d0058690_18194336.gif様々な文献を管理するソフト。ツール上で文献を検索することができるので、検索後は取り込みたい文献をチェックしてOKボタンを押すだけで自動的に取り込まれる。URLがあった場合には自動的に取り込まれる。また、ローカル上に保存したPDFとリンクすることもできるので、リンクをクリックすると文献が自動的に立ち上がる。日本語に対応しているので、自分のコメント等も保存することができる。出力もHTMLやTex形式など、論文用に様々な出力方法が用意されているので有用だ。このツールで優れているのが、プレビュー機能だ。各エントリーをクリックすると、下にプレビュー画面が出てくるが、この画面を自由にカスタマイズすることができるのだ。テンプレートはHTMLで作成されているため、慣れればそれほど難しくない。齋藤経史氏がホームページ上で自身がカスタマイズした設定を公開されているので利用することもできる(JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML)。また、グループ機能も非常に便利だ。自分でグループを作ることもできて、その場合には、ドラッグ&ドロップで簡単にグループに振り分けできる。しかし、何より素晴らしいのは、自動的にグループを作成する機能の方だ。例えば、ターゲットにするフィールドをkeywordsにして、区切り文字を";"にしてグループの自動作成ボタンをクリックすると、キーワードごとに自動的に論文がグループ分けされる。日所に楽である。見た目の美しさや、カスタマイズ性は同様のツールの中でも群を抜いている。

Wordとの連携については、こちら

【 作者 】 mortenalver
【 URL 】 http://jabref.sourceforge.net/
【 対応OS 】 Windows, Linux and Mac OS X.
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2006-12-25 18:24 | データベース
Bunso v3.651

最強の無料データベースソフト

d0058690_1040546.gifEndoNoteと同じような機能を持ったソフト。無料なのに、その機能は非常に強力。とくに便利なのがPubMedから論文を登録する時。まず、PubMedでMedline形式で登録したい論文を表示して、それをファイルとして保存する。次にBunsoを立ち上げたら、ボタンをクリックすると自動的にすべての情報を取り込むことができる。取り込む際にはPubMedのSingle Citation Matcherがとても便利だが、一度MEDLINE形式に表示しなおすのが面倒だ。そこで、ちょっとだけ修正すると便利だ。

その他に、リストの自動生成機能があり、論文を書く時に使えるのはもちろんだが、借りたい本リストを作る時などちょっとした用途にも使える。最初から用意されているリスト形式の他にも自分でレイアウトを簡単に変えることができるのも魅力。また、Wordで論文を書くときには、あらかじめ本文中にID番号のみを挿入しておくと、後で一括して置換してくれる機能もある。Endnoteで論文を参照しようとすると、非常に重くなってしまうためにイライラすることが多い。しかし、このソフトでは、置換作業をするときにのみしかソフトが起動していないため、Wordの動作には影響しないためノンストレスで作成作業を進めることができるのだ。

しかし、なんと言っても一番の目玉が、データベースのカスタマイズのしやすさであろう。他のデータベースソフトでは項目のカスタマイズの方法が難解である。しかし、Bunsoでは、簡単にレイアウトも変更できるし、データの項目を編集することができる。データベース間の相互リンク機能もあるので、簡単なリレーショナルデータベースも作成できるだろう。僕は、このカスタマイズ機能を利用して、インターネットの情報源を取得した時にそのアドレスを登録できるようにしている。さらに、取得した日時などの情報、自分のコメントなども取り入れている。検索機能も充実しているので何かと便利だ。

このソフトは、非常に軽いので、Flashメモリーなどに入れて簡単に持ち運びができるのも大きなメリットであろう。あらゆるソフトは、何らかの欠点があるものだが、このソフトに関して言えばほとんど文句はない。

【 作者 】 佐々木
【 URL 】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA005818/
【 対応OS 】 Windows95,NT4以上
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
by tool_collector | 2005-05-26 16:05 | データベース
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.