キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
<   2007年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧
JabRefのマクロ

JabRefとWordを連携させるための強力マクロ

d0058690_1958653.jpgこのブログで以前に紹介したJabRefは、それだけでも非常に強力なのだが、1つだけ残念な点がある。それが、おそらく圧倒的にユーザー数の多いであろうWordとの連携についてあまり考えていないという点だ。まあ、TeXユーザーのためのツールのようなものだから、それでも問題ないのだろうが、どうしてもWordと連携させたいという人もいるだろう。そういう人にとって超強力な助っ人がこのマクロだ。非常に軽快で、簡単な操作で、Wordに文献リストを作成してくれるのだ。EndNoteは、やたらと重くてイライラするが、そんな悩みも一切無用。スタイルもいろいろ作成できて、非常に快適この上ない。EndNoteユーザーにも、これから論文を書く人にもJabRef+このマクロの組み合わせをお勧めしたい。

ただ、このマクロ、最初の導入が、少々面倒なので、ここで簡単に説明をしていく。

1. MiKTeXのダウンロード

MiKTeXのBibTeXエンジンを利用するために、MiKTeXをダウンロードする。このソフトについて詳しく知る必要はない。MiKTeXのリンクは、こちら(新しいWindowが開きます)にあるので、訪ねて行って「Download "Basic MiKTeX" Installer」というのをダウンロードしよう。インストールは、とても簡単でダブルクリックすると、メニューが出てくるので、簡単にインストールできるだろう。

2.パスの設定

このマクロは、BibTeXパッケージへのパスの設定が必要なので、設定する。
スタートメニュー > 設定 > コントロールパネル > システム > 詳細 > 環境変数
を順に選択して、Pathに
C:\Program Files\MiKTeX 2.5\miktex\bin
を追加しよう。既にPathが設定してある場合は、最後にセミコロン「;」を記入した後、上のパスを記入すれば良い。

3. 隠しファイルを見えるように設定

デフォルトの設定だと、WordのStartupフォルダは見えないようになっているので、見えるようにする。
エクスプローラのメニューから
ツール > フォルダオプション > 隠しファイルとフォルダ > 隠しファイルを表示する & システムフォルダを表示する
を選んで、Startupフォルダを見えるようにしておく。これは、5の操作を終了後には、元に戻してもよい。

4 マクロをダウンロードする

マクロをダウンロードする。場所は、こちら。ダウンロードする場所は、以下の場所にする。
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Word\STARTUP
<ユーザー名>のところは、自分のパソコン上でのユーザー名が入る。

5. JabRefのファイルを用意する。

JabRefで作成した拡張子が.bibのファイルを適当な場所に用意する。この時の注意点は、パスにスペースが入るとうまく読み込んでくれないことである。一番確実なのは、Wordと同じフォルダだが、Cドライブの直下などパスにスペースが入らない任意の場所に置いてもOKだ。もう一つの注意点は、JabRefのメモの部分に日本語でコメントなどを書いてあると、うまく動かない点だ。ひょっとしたらこれが原因ではないかもしれないが、いろいろ試したところ、日本語のコメントがある場合だけ、Data not foundになってしまうようなので、日本語のコメントは避けた方が無難であろう。

6. Wordを起動する。

Wordを起動すると、変なツールバーが表示されるようになっているはずである。
まずは、右から2つめのアイコンをクリックしてみる。ここで、bibファイルを指定する。ここでは、5の操作で作成した.bibファイルを指定する。

7. 引用する

実際に引用文献を挿入する際には、ボタンの「+」をクリックしよう。すると、ダイアログが現れるので、bibtexkeyを張り付ければOKだ。カンマで区切って複数の文献を引用しても良い。

8. リストを作成する

参考文献リストを作成するには、ツールバーの箇条書きマークのようなアイコンをクリックする。すると、自動的に本文中のBibTexキーが番号に変わって、対応する文献リストが末尾に作成される。

[追記:2009年3月27日]
このマクロは、Word2007よりも前のバージョンにのみ有効なマクロであるため、Word2007では使えない。しかし、Word2007では、もっと簡単にJabRefのデータを使うことができるようになっている。詳しくは、本ブログのMicrosoft Word 2007 Bibliography stylesを参照してほしい。

【 作者 】 Mike Brookes
【 URL 】 http://www.ee.ic.ac.uk/hp/staff/dmb/dmb.html
【 参考 】 http://www.medicalnerds.com/how-to-use-jabrefbibtex-with-microsoft-word-2003/
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
by tool_collector | 2007-09-07 20:44 | 文章作成
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.