キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
EVERNOTE

Web上のデータ管理ツール

d0058690_1758550.jpg様々なデータを管理するデータベースのようなソフト。特にWeb上のデータの管理に適している。主な使い方は、(1) 保存しておきたい部分を選択、(2) ブックマークのボタンをクリック、という非常に簡単な操作で手軽にデータを蓄えることができる。Web上のデータ以外にも、PDFファイルや、各種画像(jpg, gif, bmp, png)、音声データなども保存できる。また、有料版にアップグレードすればWordやPowerpointなどのファイルも扱うことができるようになる。

Evernoteの特徴は強力な検索機能にある。
おそらく、最も使うであろうと思われる検索方法が、タグをターゲットにした検索方法だ。タグというのは、各データごとに付けられる識別キーワードであり、ユーザーはデータを登録する時に、自分の好きなキーワードを1つのデータに対していくつでもつけることができる。その際に、既に使われているタグを入力しようとすると名前が補完されるので、タグの名前をいちいち覚えておく必要はない。
また、属性によって検索することも可能だ。属性検索では、データが追加された日付や、ファイルの種類、データ源(Webのデータ、メールで登録されたデータ、携帯電話から登録したデータetc...)、最終更新日などから検索が可能だ。
しかし、何と言っても素晴らしいのが、データに含まれる文字による検索機能である。何がすごいかというと、Evernoteでは、画像に含まれている文字も自動的に認識して、文字として検索が可能なのである。したがって、以下のような応用も可能だ。たとえば、自分の持っている本をカメラで撮影して保存しておくだけで、自分の持っている本の蔵書録が作れてしまう。また、掲示板の貼り紙を携帯電話で撮影して、そのままEvernoteに送ってしまえば、内容を書き写すことなくデータとして蓄積することが可能だ。驚くべきことに、この機能は自分の手書きの文字もきちんと認識してくれる。ただ、日本語の画像は認識しないのが、唯一にして最大の欠点か・・・。もちろん、PDF中の文字や、Web上の日本語については問題なく検索できるので、特に不便に感じることはないだろう。
ユニークな機能として、Jottと呼ばれる音声をテキスト化するサービスと組み合わせることで、電話にかかってきた留守電の内容を自動的にテキストに変換しEvernoteに蓄積させる使い方も可能である。

Evernoteのメインとなるインテーフェイスは、サムネイルを画面上で自由に移動・並び替えができるサムネイル形式と、リスト表示の2種類で表示することが出来る。必要最小限のボタンしかないので迷うこともなく、非常にシンプルな画面にまとめられているため利用しやすい。

このソフトは、Web上で利用する他に、コンピュータにダウンロードして使うソフトもMac用、Windows用それぞれに提供されており、その場合には、オフライン時にも使用することができるようになる。画面の構成は、同期ボタンがある以外には、ほとんどWeb版のEvernoteと同じなので違和感なく使うことができる。また、iPod touch/iPhone用のソフトも提供されている。

似たようなソフトとしてGoogle ノートブックがあるが、最近(2009年1月14日)になって公式ホームページにてサービスの中止がアナウンスされた(参照:Stopping development of on Google Notebook)。Google ノートブックのユーザーのために、Evernoteへの移行するための手順が動画を使ってホームページ上で紹介されているので(Welcome You Fine Google Notebook Users)、すぐに移行することをお勧めする。

【 作者 】 Evernote Corporation
【 URL 】 http://www.evernote.com/
【 対応OS 】 Mac OS X Leopard, Windows, iPhone / iPod Touch, Windows Mobile, SanDisk U3
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2009-01-27 18:34 | データベース
Image J

科学者用の画像解析ソフトウェア


d0058690_11222095.jpg
通常の画像ソフトが画像を編集するのが主な目的であるのに対し、本ソフトの目的は、画像を解析することにある。そのため、蛍光強度の検出と比較、コロニーのカウント、DNA長の計測、指定領域の面積の計測等々、厳密さの要求される計測を行うことが可能だ。また、各種画像フォーマットへの変換や、スライス画像を積み重ねて3D画像を合成したり、アニメーション画像の作成、3Dとして作成した場合にはX軸、Y軸だけでなく、Z軸方向への回転アニメーションを作成することができるなど、画像編集ソフトとしても優れている。(ただ、やはり基本は解析であるため、Photoshopなどと比較すると選択系のツールがやたらと豊富なのに対し、ブラシなどの編集のためのツールは、やや少ない感じはする)

さらに、プログラムがJAVAで書かれているが、ソースコードが公開されているため、目的に合わせて自由にプラグインを作成することができるため、無限の可能性を持つ。自分で、プラグインを書かなくても、メーリングリストなどサポートが充実している上に、マニュアル・解説ホームページ類も豊富なのも心強い。

すべて英語メニューであるため、とっつきにくい感はあるかもしれないが、操作方法は非常にシンプルであるため、初心者でも容易に使うことが可能だ。起動も動作も非常に速いので、ストレスもなく、フリーとは思えないほど非常に優れたソフトだ。

【 作者 】 National Institutes of Health
【 URL 】 http://rsbweb.nih.gov/ij/
【 対応OS 】 Mac OS X, Linux x86, Windows, Mac OS 9
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2008-08-07 11:40 | グラフィック
SUPER ©

非常に多くの形式に対応した動画変換コンバータ

d0058690_14504422.jpgsuper cは、ほとんどメディアの形式に対応した動画のコンバーターで、非常にシンプルかつ効果的なソフトです。
見かけは、複雑ですが、操作方法はきわめて簡単で、マニュアルを熟読する必要はまったくありません。また、必要なコーデックはすべて内蔵されているため、他のホームページから必要なコーデックを取得してくる手間が、まったくいらないのもうれしいところです。

サポートしているフォーマットは、
画像は、jpg, pgm, png, ppm
動画は、3gp/3g2, amv, asf, avi, dat, fli, flc, flv, m2t, mkv, mpg, mov, mp4, nsv, ogg, qt, rm, ram, rmvb, str, swf, ts, viv, vob, wmv
音声は、aac, ac3, amr, mmf, mp2, mp3, mp4, mpc, ogg, ra, wav, wma

と、非常に広範囲をカバーしています。しかも、これらのフォーマットをすべて双方向に変換することが可能になっているのです!!

単に変換だけをしたいのなら、基本的な操作は以下の3ステップで終了します。
(1)出力するファイルのタイプ、動画の変換コーデック、音声の変換コーデックをそれぞれリストから選ぶ。
(2)変換したいファイルをドラッグ&ドロップでソフトに持ってくる。
(3)変換ボタンを押して待つ!!

簡単メニューだけでなく、もっと詳しい設定をしたい場合は、様々な設定や効果を加えることも可能で、初心者から熟練者まで多くの人に有用なソフトといえるでしょう。

私の場合は、YouTubeなどからダウンロードしてきたflvファイルを、このソフトで変換して、携帯電話に入れて閲覧するのに使っています。mp3ファイルでも、wmvファイルでも何でもこのソフト1つで済むので大変重宝します。

非常にお勧めなソフトです。ぜひ使ってみてください。
【 作者 】 eRightSoft
【 URL 】 http://www.erightsoft.com/SUPER.html
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-06-28 15:12 | サウンド
Microsoft Word 2007 Bibliography styles

Word2007の引用文献の追加スタイルとスタイル変更用のテンプレート

Word2007から登場した引用文献に関する一連の機能は、非常に便利なのだが、1つだけ大きな不満がある。それは、スタイルを自分流に変更できないことだ。いや、できないことはないのだが、闇雲にやろうとしても、ほとんど不可能である。
作者は、このスタイルファイルを変更するためのテンプレートファイルを提供している。このファイルには、変更すべき点がファイルの中に書いてあるので、闇雲に変更するよりもはるかに効率のよい編集作業ができる。編集が終わったら、作成したファイルを
%programfiles%\Microsoft Office\Office12\Bibliography\Style
に放り込めば、スタイルの一覧から選択することができるようになる。

ただ、依然として非常に手間であり、面倒である点は残っている。
ここで紹介する理由は、作者が作成した「IEEE style v.2.3.」というスタイルが、非常に優れているからである。もともとのスタイルが微妙に日本語交じりだったりして不満だったのだが、このスタイルは、かなり素晴らしい。このファイルがあるなら、わざわざ自分で作成しなくてもいいかと思ってしまった・・・。実際にどうなるかは、ご自分の目でご確認あれ。

[追記:2009年3月27日]
最近になって、IEEE以外にもさまざまなスタイルが追加されて、ますます強力になっているようだ。
その中で、スタイル名の後に"*"(アスタリスク)が付いた名前のものは、やや特殊な操作が必要なので簡単に補足しておく。
スタイル名の後に"*"のついたスタイルを適用するには、別途BibWord Extender 2.0というソフトが必要になる。(同じページから無料でダウンロード可能)。また、新しいスタイルファイルのセットの中には、types.xml という名前のファイルもあるが、一部のスタイルで必要となるファイルなので、他のスタイルファイルと同様に%program files%\Microsoft Office\Office12\Bibliography\Style というフォルダに放り込んでおこう。
スタイル名の後に"*"のついたスタイルを適用するには、以下の操作で行う。
(1)まず、適用したいスタイルを選んだあとに、ファイルを保存して、一度、Wordを閉じる。
(2)BibWord Extenderを起動して、先ほど保存したファイルを選択する。
(3)適用したいスタイルを選び、必要に応じてCreate Backupにはチェックを入れておく。その後、
Extendedというボタンを押す。
(4)保存したWordファイルを再度開いて、適用したいスタイルを選択する。すると、"BO"という文字が表示されていた部分が、適切な番号等に置き換わっていることが確認できるだろう。

"*"のついたスタイルは、参照論文をアルファベット順に並べるなど、やや特殊な並べ方をするものに用いられているようだ。特に難しい操作でもないので、これらのスタイルも気軽に使うことができる。ますますパワーアップしたBibliography stales、一度お試しあれ。

【 作者 】 Yves Dhondt
【 URL 】 http://www.codeplex.com/bibliography
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト(The MIT License)

[PR]
# by tool_collector | 2008-06-04 14:02 | 文章作成
LameDropXPd v2 based on LAME 3.98 beta 8

簡単にmp3とWAVでフォーマット変換してくれるソフト

d0058690_2122281.gifこれは、mp3をWAVに変換したり、逆を行うソフトだが、これ以上シンプルかつ、分かりやすいソフトはおそらくないだろう。起動すると、アイコンのようなものが立ち上がるので、単に変換したいファイルをそこへドラッグ&ドロップするだけで、変換されたファイルができる。恐ろしいほどのシンプルさだ。特にデフォルトの設定のままで良いのなら、全く余分なメニューも現れない。極限まで余分を省き、機能を実現した様は、美しささえ感じる素晴らしいソフトだ。

【 作者 】 David Naylor
【 URL 】 http://www.rarewares.org/mp3-lamedrop.php
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-05-29 21:28 | サウンド
tugboat.GTD

タスク管理ソフト

d0058690_11154427.jpgタスク(TODO)の管理ソフト。公式ホームページの説明によると、「tugboat.GTD は、David Allen氏が提唱するGTDをベースに構築したWEBアプリケーションです。」やる必要のある(もしくは、やりたい)タスクをカードに次々に書いておき、それをいつ頃実行したいかをグルーピングしていく。要は、それだけのツールなのだが、インターフェースが非常に優れていて、快適に操作できる。ただ、一般的なTODOソフトとは、概念からして大分異なるので、最初は使いにくいかもしれない。しばらく我慢して使って、慣れてくれば、非常に役に立つようになる。

Linux版のインストールには、やや難がある。いろいろなソフト、例えばTomcatをインストールしたりするのが面倒だし、マニュアルが一部省略されているのも面倒だ。ただ、必要最低限のことは書いてあるので、マニュアルに従えば問題なくインストールできる。その際に、TomcatとJavaのバージョンに気を付ける必要がある。Papasan's Homepageというホームページで詳しく解説されている方がいるので、そちらを参照するとさらに良い。

Windows版のインストールは非常に簡単だ。Javaさえインストールすれば、あとは、tugboatのファイルを解凍してインストールするだけなので、迷う箇所はほとんどない。tugboatの実行に必要なTomcatも一緒についてくるので、敢えて入れる必要もない。

tugboatを実行する際には、常にTomcatを実行しておかないといけないので、tomcatがタスクバーに現れて非常に邪魔になるが、HideThatWindow!などのソフトでタスクバーから隠しておくと良いだろう。

【 作者 】 tugboat project
【 URL 】 http://tugboat-gtd.sandbox.seasar.org/
【 対応OS 】 Windows, Linux, Mac
【 その他 】 ソフトはブラウザを利用するが、Firefox2.0.x, Safari3.0.xの使用が推奨。InternetExploreは一応対応だが非推奨。その他のブラウザは非対応。
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-05-02 11:46 | ユーティリティー
HideThatWindow!

ウィンドウやタスクバーをいろいろカスタマイズ

d0058690_10435187.jpgこのソフトの最大の特徴は、タスクバーの項目をいろいろ操作できること。たとえば、常に裏で動かしているソフトがあるとする。しかし、直接操作することはないので、そのソフトをタスクバーから除きたいと思うことがあったとする。その時に、このソフトが非常に役立つ。そんなときは、まずModeから「simple」を選んで、隠したいソフトを選択。次にメニューからHideを選択。これでOK。ソフトは動いているものの、画面上から一切ソフトの痕跡が消すことができる。隠したあとに、HideThatWindow!のソフトは終了しても大丈夫だ。もし、隠したソフトを表示したくなったら、HideThatWindow!を再度、実行してShowを選択すれば良い。実行方法は非常にSimpleである。
難を言えば、見かけが悪い。もう少し、親しみやすいインターフェースにできないかと思う。ただ、機能は、ウィンドウのカスタムについては、他のソフトの追随を全く許さない程、飛びぬけて素晴らしい。
このソフトはWindowに関するあらゆるカスタマイズが可能であると言える。一覧を挙げると
・Windowの大きさ
・タイトルの調整
・透明度の設定
・常に最前面に来るように設定
・最小化・最大化
・システムトレイに入れる
・閉じる
・画面にドッキングさせる
・タスクバーに表示させるかどうかの設定
・フォーカス可否の設定
・アイコンをつかんで、目的のウィンドウに移動させることで、カスタマイズしたいウィンドウがどれかを簡単に選択する機能

同時にたくさんソフトを起動することが多い人には、是非お勧めしたいソフトだ。

【 作者 】 emilio88
【 URL 】 http://sourceforge.net/projects/hidethatwindow/
【 対応OS 】 Win2000, WinXP
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-05-02 11:13 | ユーティリティー
print2pdf

Adobe Readerなしで印刷時にPDFを作成するフリーソフト

有料のAdobe Readerをパソコンにインストールしてあると、ホームページやOfficeドキュメントなど、様々なファイルは印刷時にプリンターの代わりにAdobe Distillerを選ぶことで、簡単にPDFを作成することができる。このソフトは、まったく同じ操作を無料で実現したものだ。例えば、ホームページをPDFに変換したい場合は、ブラウザの印刷ボタンを押して、プリンターとして、「Convert PDF」を選択すれば良い。韓国製ソフトなので、たまにメニューが読めない部分があるが、あまりにも操作方法が簡単なので、まったく問題ない。もちろん、出力したPDFの日本語が文字化けすることはない。

僕自身は、Adobe Readerの最も高価なProfessional版を所有しているにも関わらず、しばしばこのソフトを使う。理由は、このソフトで作成したPDFが非常に美しいからだ。おそらく、Adobe Readerをうまく設定すれば、同様に美しいPDFを作成できるはずだと思うのだが、Adobe Readerのインターフェースは非常に分かりにくく、まったく理解できない。それに対して、このソフトは、デフォルトのままで非常に美しいPDFに変換できるので重宝する。Adobre Readerを持っていない人だけでなく、Adobre Readerを持っていてもメニューが理解し難いと思っている人には、お勧めのソフトである。一度、両方のソフトでPDFを作成して、拡大表示したPDFを較べてみてほしい。

【 作者 】 jkk0124
【 URL 】 http://sourceforge.net/projects/print2pdf/
【 対応OS 】 32-bit MS Windows (NT/2000/XP)
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-03-19 14:20 | ユーティリティー
Single Click Restore Point

1クリックで復元ポイントを作成するソフト

非常にシンプルなツール。ダブルクリックして実行すると、システムの復元ポイントを作成してくれる。たったそれだけの機能だが、お手軽に復元ポイントを作ることができる便利なツールだ。

【 作者 】 Albin Sebastian
【 URL 】 http://www.softpedia.com/progDownload/Single-Click-Restore-Point-Download-92993.html
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-02-19 18:48 | ユーティリティー
AnkhSVN

Microsoft Visual Studio .NETのための無料subversionアドイン

d0058690_14482888.jpgVisual studioでSubversionを使うためのプラグイン。無料であるのが非常に大きな魅力。Visual studioで作成されたファイルを何も考えずに普通バージョン管理しようとすると結構面倒くさい。なぜかというと、毎回再生成されるファイルがあって、全部のファイルを登録してしまうと毎回必要のないファイルまでcommitする羽目に陥るからだ。そのため、手動で必要なファイルだけをimportするか、svn:ignoreをいじるかしないといけない。その点、Visual studio用に設計されたこのアドインならば、必要なファイルのみをcommitしてくれるので、いちいち手間をかけずに済む。やることは、ソルーションエクスプローラー上でソルーションの名前のところで右クリックして、Ankhのメニューから「Add solution to Subversion repository.」を選ぶだけだ。これで、ダイアログが出てくるので、記入してボタンを押せば、即座にバージョン管理を始められる。非常に便利だ。
ただ、他の人の評判をブログなどで見てみると、プロジェクトが巨大になってくると、動作が遅いという問題点があるらしい。まあ、そこまで巨大なプロジェクトを作るほどの熟練者になったら、その時にまた考えるとして、Visual studioをsubversionで管理する導入編としては、全く問題ない。非常に便利なツールである。


【 作者 】 arild_fines, kristin_borud, macgyver, perkra
【 URL 】 http://ankhsvn.tigris.org/
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2008-02-17 14:59 | ユーティリティー
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.