キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
KeePass Password Safe

パスワード管理ソフト

d0058690_18143540.jpg非常に高機能なパスワード管理ソフト。特筆すべきは、パスワード自動入力機能。デフォルトでは、Altキー+Controlキー+Aボタンを同時に押すと、自動的に最適なパスワードをデータベースから検出してきて、パスワード、ユーザー名、Tab入力、Enterキー入力などとフォームに適したパターンで自動的に入力してくれる。入力パターンは自由にカスタマイズできるので、可能性は無限大。ものすごく便利である。
見た目も美しく、高度に統合された印象を持つ。自動作成、もしくは自分で設定したパスワードの安全度をグラフで評価してくれるのも便利だ。
バージョン2.Xシリーズは、まだ英語のみだが、バージョン1.Xの方は、日本語化にも対応している。大きな違いは、2.Xシリーズでは、同期ができるようになっていること、複数のファイルの添付に対応していること、インポートできるファイルの種類が非常に増えたこと、パスワード設定の履歴機能などだ。その他の主な特徴は以下の通り。
* パスワードデータは暗号化されたデータベースファイルとなる。
* 暗号化方式は「AES」「Twofish」から選べる。
* マスターキーを設定可能。
* パスワードデータの印刷が可能。
* パスワードデータのインポート/エクスポートが可能。
* パスワードをグループ別で管理可能。
* フォーム等へのユーザ名・パスワードの自動入力が可能。
* ショートカットキーによる自動入力が可能。
* パスワードに有効期限を設定可能。
* 複数の言語切り替えに対応。
* パスワード生成ツールを使用可能。
* プラグインにより機能追加が可能。
* 様々なセキュリティ対応。(ウィンドウロック、クリップボード削除等)
* タスクトレイへの最小化が可能。

【 作者 】 Dominik Reichl
【 URL 】 http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=95013
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2007-12-15 18:29 | ユーティリティー
Lightning

ThundirbirdとGoogle Calendarの連携

d0058690_159254.jpgもし、Thundirbirdを既に使用していて、Google Calendarとの連携を考えているのなら、Lightningがお勧めだ。このソフトは、Thundirbirdにカレンダー機能を追加するソフトだが、Provider for Google Calendarという拡張機能を追加することで、Google Calendarと連携することができる便利なツールだ。このツールさえあれば、オフラインでもメールやカレンダーを使えるようになるわけだ。また、複数のパソコンにインストールしたLightningもGoogle calendarを介することで、同期することが可能になる。

カレンダーの操作性は、ほとんど問題ないし、カレンダーソフトの中では、抜群に使いやすい分類に入るし、デザインも非常に美しい。しかし、Google Calendarの使いやすさと比べると多少落ちるかもしれない。ただ、オフラインで使える上にThunderbirdと連携するという魅力は非常に大きい。LightningとGoogle Calendarの同期スピードは非常にスピーディーでまったくストレスを感じさせない。

以下に簡単にLightningを使ってGoogle Calendarと同期するまでの手順を書く。

1.まずは、LigthningProvider for Google Calendar をインストールする。
2.先に、Googleカレンダーを開く。
3.「カレンダーの管理」 > 「カレンダー情報」タブ > カレンダーのアドレス を見て、XMLのボタンをクリックして、アドレスをコピーしておく。
4.Lightningを開いて、カレンダーメニューの"Calendars"タブを開いて、"New・・・"をクリック。
5.出てきたメニューで、"on the Network”を選択して次へのボタン。
6.Google Calendarを選択して、先ほどコピーしたGoogle CalendarのXMLアドレスをペーストして、次へ。
7.カレンダーの名称を入力し、表示カラーを選択。
8.Google カレンダーへのログイン名、パスワードを入力し、OKボタンをクリックして完了。

なお、Lightningの日本語化については、こちらのページでソフトを配布されている方がいる。

【 作者 】 Mozilla Calendar Project
【 URL 】 Lightning: https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/2313
Provider for Google Calendar:https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/4631
日本語化:http://f17.aaa.livedoor.jp/~every/products/Sunbird/lightning-ja.html
【 対応OS 】 Windows, Linux, Mac
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2007-10-01 15:32 | カレンダー
Calgoo

Google Calendarをオフラインで利用

d0058690_1443633.jpgカレンダーソフト。注目すべきは、Google Calendar、Outlookと同期が可能である点。ボタンクリック(もしくは、F5キー)で、同期で、Google calendarとCalgooとの間で双方向の同期をしてくれる。(少し、時間がかかる)。プロキシにも対応している。

以前のバージョンでは、日本語が文字化けする問題点があったようだが、現時点でのバージョン(1.1.0)では、ほぼ問題なく日本語も表示される。(タブに表示される日本語だけは、一部文字化けするが、それ以外の部分では、正常に表示される。それほど実害はない。)

操作性は、ほとんどGoogle calendarと同じような操作を実現しているので、非常に快適だ。マウスクリックで、予定を移動したり、クリックで簡単に予定を追加したり・・・etc。ただ、1つだけ難をつけるとすると、Google Calendarでは、クリックですぐにメニューが出てくるのに対して、Calgooでは、若干、0.2秒くらい遅れてメニューが出てくるので、もっさりした印象がすることだろうか。

閉じると最小化して常駐アイコンに収まるので、邪魔にならないし、常駐アイコンをクリックするとすぐにカレンダーが表示されるのは、オフラインならではの強みだろう。
【 作者 】 Calgoo Software
【 URL 】 http://www.calgoo.com/
【 対応OS 】 Windows, Mac OS X, Linux
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2007-10-01 14:31 | カレンダー
JabRefのマクロ

JabRefとWordを連携させるための強力マクロ

d0058690_1958653.jpgこのブログで以前に紹介したJabRefは、それだけでも非常に強力なのだが、1つだけ残念な点がある。それが、おそらく圧倒的にユーザー数の多いであろうWordとの連携についてあまり考えていないという点だ。まあ、TeXユーザーのためのツールのようなものだから、それでも問題ないのだろうが、どうしてもWordと連携させたいという人もいるだろう。そういう人にとって超強力な助っ人がこのマクロだ。非常に軽快で、簡単な操作で、Wordに文献リストを作成してくれるのだ。EndNoteは、やたらと重くてイライラするが、そんな悩みも一切無用。スタイルもいろいろ作成できて、非常に快適この上ない。EndNoteユーザーにも、これから論文を書く人にもJabRef+このマクロの組み合わせをお勧めしたい。

ただ、このマクロ、最初の導入が、少々面倒なので、ここで簡単に説明をしていく。

1. MiKTeXのダウンロード

MiKTeXのBibTeXエンジンを利用するために、MiKTeXをダウンロードする。このソフトについて詳しく知る必要はない。MiKTeXのリンクは、こちら(新しいWindowが開きます)にあるので、訪ねて行って「Download "Basic MiKTeX" Installer」というのをダウンロードしよう。インストールは、とても簡単でダブルクリックすると、メニューが出てくるので、簡単にインストールできるだろう。

2.パスの設定

このマクロは、BibTeXパッケージへのパスの設定が必要なので、設定する。
スタートメニュー > 設定 > コントロールパネル > システム > 詳細 > 環境変数
を順に選択して、Pathに
C:\Program Files\MiKTeX 2.5\miktex\bin
を追加しよう。既にPathが設定してある場合は、最後にセミコロン「;」を記入した後、上のパスを記入すれば良い。

3. 隠しファイルを見えるように設定

デフォルトの設定だと、WordのStartupフォルダは見えないようになっているので、見えるようにする。
エクスプローラのメニューから
ツール > フォルダオプション > 隠しファイルとフォルダ > 隠しファイルを表示する & システムフォルダを表示する
を選んで、Startupフォルダを見えるようにしておく。これは、5の操作を終了後には、元に戻してもよい。

4 マクロをダウンロードする

マクロをダウンロードする。場所は、こちら。ダウンロードする場所は、以下の場所にする。
C:\Documents and Settings\<ユーザー名>\Application Data\Microsoft\Word\STARTUP
<ユーザー名>のところは、自分のパソコン上でのユーザー名が入る。

5. JabRefのファイルを用意する。

JabRefで作成した拡張子が.bibのファイルを適当な場所に用意する。この時の注意点は、パスにスペースが入るとうまく読み込んでくれないことである。一番確実なのは、Wordと同じフォルダだが、Cドライブの直下などパスにスペースが入らない任意の場所に置いてもOKだ。もう一つの注意点は、JabRefのメモの部分に日本語でコメントなどを書いてあると、うまく動かない点だ。ひょっとしたらこれが原因ではないかもしれないが、いろいろ試したところ、日本語のコメントがある場合だけ、Data not foundになってしまうようなので、日本語のコメントは避けた方が無難であろう。

6. Wordを起動する。

Wordを起動すると、変なツールバーが表示されるようになっているはずである。
まずは、右から2つめのアイコンをクリックしてみる。ここで、bibファイルを指定する。ここでは、5の操作で作成した.bibファイルを指定する。

7. 引用する

実際に引用文献を挿入する際には、ボタンの「+」をクリックしよう。すると、ダイアログが現れるので、bibtexkeyを張り付ければOKだ。カンマで区切って複数の文献を引用しても良い。

8. リストを作成する

参考文献リストを作成するには、ツールバーの箇条書きマークのようなアイコンをクリックする。すると、自動的に本文中のBibTexキーが番号に変わって、対応する文献リストが末尾に作成される。

[追記:2009年3月27日]
このマクロは、Word2007よりも前のバージョンにのみ有効なマクロであるため、Word2007では使えない。しかし、Word2007では、もっと簡単にJabRefのデータを使うことができるようになっている。詳しくは、本ブログのMicrosoft Word 2007 Bibliography stylesを参照してほしい。

【 作者 】 Mike Brookes
【 URL 】 http://www.ee.ic.ac.uk/hp/staff/dmb/dmb.html
【 参考 】 http://www.medicalnerds.com/how-to-use-jabrefbibtex-with-microsoft-word-2003/
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2007-09-07 20:44 | 文章作成
Clock!

スキンが豊富なアラーム

d0058690_10185247.jpgSimpleだが、必要な機能は十分な時計ソフト。50種類もの多彩なスキンの中から好きな外観を選択することができ、さらに、透明度や大きさ、色も細かく好みに合わせて調節することができる。アラームを設定することも可能で、指定時刻になると音楽を鳴らしたり、指定したプログラムを実行したりすることも可能。繰り返しも設定できるので毎日指定した時刻にプログラムを実行するという用途にも使える。アラームは、スヌーズ機能が付いているので、設定した時間が立った後に再度、鳴らす(実行)することができる。まさに、通常考えられる欲しい機能がすべてそろっていると言える。しかし、何と言ってもこのソフトの一番の売りは、美しいデザインだろう。スキンから、メニューまで、すべての作りに徹底した美しいデザインセンスが溢れるつくりになっている。

【 作者 】 Loris Bognanni
【 URL 】 http://www.gljakal.com/clock.php
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2007-08-22 10:26 | ユーティリティー
Smartごみ箱

ごみ箱に入れてから指定した日数が経ったファイルを自動的に削除

d0058690_1911661.gif高機能なごみ箱。よく、定期的にごみ箱を空にしてしまうソフトは巷に存在するが、それだと、ごみ箱に入れたばっかりのファイルも消去してしまうので困る。しかし、このソフトは、ごみ箱に入れてから指定した日数がたったものだけを選んで消去してくれるので、後で必要になったときに、もう消去してしまっていたということがない。また、検索機能がついているので、ごみ箱の中身を、捨ててからの日数や、捨てる前にファイルやフォルダがあった場所、ファイル名などで検索することができ、さらに、復活させる前にファイルやフォルダを開いて確認することができる。復活させる際には、好きなフォルダに復活させることができるのも便利である。小技だが、Windowsのデスクトップにある、もともとのごみ箱を隠すこともできる。

【 作者 】 谷澤英樹
【 URL 】 http://www2.pf-x.net/%7Erafysta/soft/index.shtml
【 対応OS 】 Windows
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2007-02-10 19:16 | ユーティリティー
Caver

活性部位までの穴を予測するソフト

d0058690_18303224.gif蛋白質の座標ファイル(PDBファイル)を渡して、開始地点を設定すると、その地点から蛋白質の外側までの道筋を探索してくれるソフト。単独でも動くが、PyMOLのプラグインとして利用できるため、美しいグラフィックを得ることができる。MDシミュレーションと組み合わせて、複数の座標を入力してやれば、結晶構造からは分からない隠れた穴を見つけることもできる。

【 作者 】 Petřek Martin, Otyepka Michal, Banáš Pavel, Damborský Jiří
【 URL 】 http://loschmidt.chemi.muni.cz/caver/index.php
【 対応OS 】 Windows, Linux
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2006-12-25 18:34 | タンパク質
JabRef

文献を管理するソフト

d0058690_18194336.gif様々な文献を管理するソフト。ツール上で文献を検索することができるので、検索後は取り込みたい文献をチェックしてOKボタンを押すだけで自動的に取り込まれる。URLがあった場合には自動的に取り込まれる。また、ローカル上に保存したPDFとリンクすることもできるので、リンクをクリックすると文献が自動的に立ち上がる。日本語に対応しているので、自分のコメント等も保存することができる。出力もHTMLやTex形式など、論文用に様々な出力方法が用意されているので有用だ。このツールで優れているのが、プレビュー機能だ。各エントリーをクリックすると、下にプレビュー画面が出てくるが、この画面を自由にカスタマイズすることができるのだ。テンプレートはHTMLで作成されているため、慣れればそれほど難しくない。齋藤経史氏がホームページ上で自身がカスタマイズした設定を公開されているので利用することもできる(JabRefによるBibTeX文献管理とJab2HTML)。また、グループ機能も非常に便利だ。自分でグループを作ることもできて、その場合には、ドラッグ&ドロップで簡単にグループに振り分けできる。しかし、何より素晴らしいのは、自動的にグループを作成する機能の方だ。例えば、ターゲットにするフィールドをkeywordsにして、区切り文字を";"にしてグループの自動作成ボタンをクリックすると、キーワードごとに自動的に論文がグループ分けされる。日所に楽である。見た目の美しさや、カスタマイズ性は同様のツールの中でも群を抜いている。

Wordとの連携については、こちら

【 作者 】 mortenalver
【 URL 】 http://jabref.sourceforge.net/
【 対応OS 】 Windows, Linux and Mac OS X.
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2006-12-25 18:24 | データベース
Equation Magic Lite

TeXで書かれた数式を簡単に作成するソフト

d0058690_1948268.gifTeXの数式は美しいが、記入するのが面倒である。しかし、このソフトを使えば、簡単にTeXによる数式を記入することができる。TeXコマンドを記入する入力方法とボタンで選ぶ方式の2種類を使えるので記入もしやすい。また、WordやPewerPointなどのソフトと連携しているので、Wordの数式エディタと同じような感覚で、数式エディタよりも美しい数式を入力することができる。Equation Magic Liteは EqMagic Pro(50$)の無料版という扱いだが、有料版との違いは、AmSTeXというフォントのサポート、Gif形式での出力、数式のサイズの制限の有無の3点が異なる。


【 作者 】 MicroPress Inc.
【 URL 】 http://www.micropress-inc.com/eqmlite.htm
【 対応OS 】 Windows95/98/98SE/ME/NT4/2000/XP
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2006-07-20 20:51 | 文章作成
Orchis

マルチランチャー

d0058690_1843186.jpg何でもランチャーから起動できるようにしてしまうソフト。普段は、隠れているためにデスクトップを空っぽにしておける。必要なときには、デスクトップ上の好きな位置をクリックすればメニューが現れる。お手軽なランチャーとしても便利だし、見た目にもデスクトップがすっきりしてとても嬉しいソフトだ。

【 作者 】 Go
【 URL 】 http://www.eonet.ne.jp/~gorota/index.html
【 対応OS 】 Windows95/98/98SE/ME/NT4/2000/XP
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2006-04-28 18:51 | ユーティリティー
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.