キーワードその他のジャンル
トップ

リンクはご自由に。

ご意見・批判などは谷澤英樹総合ホームページにて受け付けています。
 
PyMOL v0.98

非常に美しいタンパク質描画ソフト

d0058690_19435153.gifタンパク質描画ソフトは数多くあるが、美しくて操作の簡単なソフトと言われたら間違いなくこのソフトを挙げることができる。特にこのソフトのレインボーカラーで出力したタンパク質は非常に美しく、通常論文の出力によく使われるMolscriptRaster3Dにも匹敵するといえよう。

PyMolの大きな特徴の一つが電子密度図を表示することが出来る点である。通常、電子密度図を表示するソフトとしては、Bobscriptが有名であるが、そもそもインストールの仕方からして分かりにくい。PyMolであれば非常に簡単に出力することができるので、電子見度図表示にもお勧めできる。このソフトでは、動画出力も対応しているので、美しい画像を動かすことも簡単である。電子密度図の表示の仕方及び、動画の出力方法について、本ホームページの姉妹ページであるprotessionalで解説しているので、是非、試してもらいたい。簡単に美しい画像が出力できることに驚くに違いない。

注意点として、Windowsにインストールする場合の注意点としては、ユーザー名に日本語を使用していると失敗するということだ。新しく英語名のユーザーをつくなどの対処をする必要がある。同じく、作成した画像を保存するときにも、パスに日本語が含まれる場所(デスクトップなど)に保存すると失敗するので、ハードディスクの直下などに作成するようにしたい。また、重ね合わせをした分子を表示しようとすると、勝手に場所が移動したりする現象も時々見られる。

このソフトは、基本的に美しさが売りであって、解析などの作業にはあまり向かない。解析をしたければ他のソフトを用いた方がいいだろう。

【 作者 】 DeLano Scientific LLC
【 URL 】 http://pymol.sourceforge.net/
【 対応OS 】 Windows, Mac OSX, Linux  
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2005-06-08 20:02 | タンパク質
♪超録 - HDD長時間録音機 フリーウェア版

長時間録音ソフト

d0058690_1150568.gif英語を勉強するのにインターネットはとても役に立つ道具だ。様々な音声ファイルが用意されているので、リスニングの勉強も無料でできる。音声や音楽をMP3プレイヤーなどに移して、移動中にも聞きたいと願うのは決して高望みではないだろう。ただ、その際に問題がある。ファイルがMP3やWMA形式なら問題ない。しかし、拡張子がrmのファイルや厄介だ。いわゆるReal media形式だが、このファイルは、インターネットに繋いでいないと再生することができないのだ。

そんな時役に立つのが、この超録というソフトだ。このソフトは、パソコンで聞いている音を簡単にMP3やWMAに変換して保存してくれる。僕はこのソフトを利用して、英語の音声が収録されているVOAのホームページの音声をMP3で保存して、使っている。他にもインターネット上のラジオを収録したり、自分の演奏したピアノの音を取り込む、MDやレコードの音をパソコンに保存するといった用途に使うこともできるだろう。

単純に音を保存するというだけでも十分なのだが、このソフトは非常に多彩な機能がついている。便利なのが、トラック自動分割機能とタイマー機能だ。フリーウェーア版は1回の録音時間が90分という制限がついているものの、非常に役にたつソフトといえる。

【 作者 】 PINO
【 URL 】 http://pino.to/choroku/
【 対応OS 】 Windows98/ME/2000/XP  
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2005-06-08 12:22 | サウンド
水墨画作成ボードF

毛筆グラフィックソフト

d0058690_2044282.gifパソコン上で毛筆風の絵や文字を描くソフト。毛筆のデザインが欲しいときには、紙に書いたものをスキャナーで読み取ることが多いが、このソフトを使うとパソコン上でそれを実現してしまう。非常に多くの機能を備えていて、最初はどんな機能があるのか知るだけでも大変なほど。フリーソフトというものの、本格的な絵を描くこともできると思う。作成した画像はビットマップで保存することができる。マウスで書くのはちょっと難しいので、本当の作品を作る時には、タブレットを使って書きたい。一応、印鑑も作れるが、あまり綺麗ではないので印鑑は他の画像ソフトできちんと作った方がいいかもしれない。

【 作者 】 松本 政和
【 URL 】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA015132/
【 対応OS 】 WindowsXP WindowsMe Windows2000 Windows98 Windows95 WindowsNT  
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2005-05-31 20:07 | グラフィック
Mov Capt v1.1

動画キャプチャーソフト

d0058690_1621496.gifマウスを始点とした自分の設定した領域の画像を、決められた間隔で自動撮影を行うソフト。どこがキャプチャーされるのかが分かりにくいので、パソコン上の図形の大きさを測定するソフトと組み合わせて使うと便利だ。組み合わせるときのお勧めソフトは「枠」というソフト。

ここでは、このソフトを使って作成した画像を左に載せている。(クリックしても拡大しないです)たんぱく質を描画するソフトで回転させて、その動画を作成するのに使用した。撮影した画像は何枚ものビットマップ画像になるので、それをPhotoshopに付属のソフトImageReadyでまとめて読み込みGifアニメーションを作成した。 
このソフトで連続画像を保存する時の注意点としては、デスクトップなど、パスに日本語が含まれるフォルダに画像を保存すると1枚分しか保存できないということだ。保存する時には、Cドライブのすぐ下のフォルダなどに保存すると良いだろう。

aviなどの動画形式で保存するツールもあるが、簡単なアニメーションを作るだけならば、こちらの方が使いやすいと思う。動画を使った、作品作りに重宝するソフトだ。

【 作者 】 板橋 功
【 URL 】 http://www.vector.co.jp/soft/win95/art/se116379.html
【 対応OS 】 Windows98 Windows95 (Windows Xpでも動作を確認) 
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2005-05-31 16:35 | グラフィック
Seraphic Blue

超長編RPG

d0058690_11513295.gif非常に濃いストーリーの超長編RPG。「死」というテーマもさながら、ストーリーにこれだけ力をいれているRPGはなかなかお目にかかれない。(戦闘時間よりも、ストーリー展開の時間の方がかなり長い!!)豊富に描かれたイラストや、綿密に織り込まれたストーリーは見事というほかない。少しずづ解き明かされていく謎に引きつられて非常に長いゲームならがもついつい最後までプレイしてしまう。だんだんマンネリ化して、やる気のなくなってくるゲームもあるが、このゲームに関して言えば、そういったこととは全く無縁といえる。

ストーリーに加えて、このゲームの面白さを加えているのが、独自の戦闘感である。通常は、後半になるにつれて敵が相対的に弱くなり面白さがなくなってくる。しかし、このゲームでは、少しでも気を抜くとあっという間に倒されてしまうという緊張感が常につきまとう。何しろ、物語最初からかなり強い敵が出現する。きちんと対策をとれば十分に倒すことができるものの、楽しては倒せないというバランスの良さは見事という他ない。

この戦闘の面白さは、RPGに必ず付きまとう様々な問題(通常は問題でもないのだが、このゲームをすると問題のように思えること)に対する様々な工夫がもたらしたものであろう。まず、ワンパターン化しやすいキャラクターの強化に関してだが、スフィアというものに様々な技能を付加することでプレイヤー独自のキャラクター強化が可能な仕組みを取り入れている。また、通常のRPGでは、経験値は敵を倒していなければ得ることができないために、いかに敵を倒した時に味方が死なないように気をつける必要があるのに対して、このゲームでは敵を倒しさえすれば、直接戦闘に参加していないメンバーでさえ経験値を得ることができる。回復の仕方も特殊で、回復袋みたいなものから自動的に回復させることができる。要は、戦闘以外のことに余計な気を回さなくてもよいような仕組みになりつつ、プレイヤーがいろいろ工夫できるようにしているのだ。

このゲームでは、単純なハッピーエンドではなく、ちょっと考えさせられる終わり方であるのも逆に新鮮だ。ちょっとした小説を遥かに超える濃厚なストーリーと戦闘システムは、新しいRPGを感じさせ、クリアして数年後にまたやってみたくなるような気持ちになるようなゲームだ。クリア時間の目安だが、最短で50時間ぐらい。

【 作者 】 天ぷら
【 URL 】 http://www2.odn.ne.jp/~caq12510/
【 対応OS 】 WindowsXP WindowsMe Windows2000 Windows98 Windows95 
【 ソフト種別 】 フリーソフト


[PR]
# by tool_collector | 2005-05-30 10:44 | ゲーム
ソウルゲート v1.164

奥の深いカードゲーム

d0058690_11422177.gifRPGツクールというソフトで作られたカードゲーム。RPGツクールで作られたゲームはどれも似たような感じになる傾向があるのだが、このゲームはもはやRPGツクールではない。完全なるオリジナルゲームになっている。

このゲームは、プレイヤーはモンスターカード、技能カード、魔法カードといったカードを使い分けて相手を倒していき、少しずつ自分のカードを増やしていくことで自分のデッキを強化していくゲームだ。最初のうちは、非常につらい。弱いカードしかないので、簡単に倒されてしまう。僕が始めてプレイした時は、簡単にゲームオーバーになってしまったので、すぐにやめてしまった。しかし、後で腰をすえてやってみると、とてもはまるゲームだ。

すべての洞窟を探検して鍵を集め、最強の神カードを手にした後に神官と戦い、勝つことで一応のエンディングとなる。しかし、それでゲームは終わりでなく、むしろそこからが、このゲームの始まりなのだ。エンディングを迎えることによっていろいろ状況を変わり、先に進めるようになっている。ここからは、ひたすらすべてのカードをコンプリートするため戦い続ける。このレベルになると、保存はやりたい放題、ワープも無制限であるため、ゲームオーバーとは無縁になりRPG的な要素はまったくなくなる。ただ、ひたすらカードゲームをし続けるのだ。僕は、155種類カードを集めたところで、ギブアップした。召喚獣を全部そろえるのが非常に大変。

【ゲームの内容に関して】
このゲームでキーポイントとなるのが、何の効力もないアイテムカードをいかに使うかということだ。闘技場というところでは、カードバトルを行うのだが、ここですべての敵に3勝ずつしてもらえるアイテム圧縮というカードは非常にありがたい。クラスが上がるごとに圧縮度合いが増していき、最終的には1枚にまで圧縮することができる。

初期の頃は、神官の質問に出てくるモンスターを見たことすらないという状況だ。その場合は、作者のホームページのカード情報や、ゲームのフォルダの中にある画像を見て値を確認するとよい。神官の質問に正解すると貴重なアイテムを2回もらうことができる。ゲームの初期の頃に取得すると楽になる。
【 作者 】 Soul Gate Project
【 URL 】 http://www.geocities.jp/soulgate2830/index.htm
【 対応OS 】 WindowsXP WindowsMe Windows98 Windows95 
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2005-05-27 11:41 | ゲーム
Bunso v3.651

最強の無料データベースソフト

d0058690_1040546.gifEndoNoteと同じような機能を持ったソフト。無料なのに、その機能は非常に強力。とくに便利なのがPubMedから論文を登録する時。まず、PubMedでMedline形式で登録したい論文を表示して、それをファイルとして保存する。次にBunsoを立ち上げたら、ボタンをクリックすると自動的にすべての情報を取り込むことができる。取り込む際にはPubMedのSingle Citation Matcherがとても便利だが、一度MEDLINE形式に表示しなおすのが面倒だ。そこで、ちょっとだけ修正すると便利だ。

その他に、リストの自動生成機能があり、論文を書く時に使えるのはもちろんだが、借りたい本リストを作る時などちょっとした用途にも使える。最初から用意されているリスト形式の他にも自分でレイアウトを簡単に変えることができるのも魅力。また、Wordで論文を書くときには、あらかじめ本文中にID番号のみを挿入しておくと、後で一括して置換してくれる機能もある。Endnoteで論文を参照しようとすると、非常に重くなってしまうためにイライラすることが多い。しかし、このソフトでは、置換作業をするときにのみしかソフトが起動していないため、Wordの動作には影響しないためノンストレスで作成作業を進めることができるのだ。

しかし、なんと言っても一番の目玉が、データベースのカスタマイズのしやすさであろう。他のデータベースソフトでは項目のカスタマイズの方法が難解である。しかし、Bunsoでは、簡単にレイアウトも変更できるし、データの項目を編集することができる。データベース間の相互リンク機能もあるので、簡単なリレーショナルデータベースも作成できるだろう。僕は、このカスタマイズ機能を利用して、インターネットの情報源を取得した時にそのアドレスを登録できるようにしている。さらに、取得した日時などの情報、自分のコメントなども取り入れている。検索機能も充実しているので何かと便利だ。

このソフトは、非常に軽いので、Flashメモリーなどに入れて簡単に持ち運びができるのも大きなメリットであろう。あらゆるソフトは、何らかの欠点があるものだが、このソフトに関して言えばほとんど文句はない。

【 作者 】 佐々木
【 URL 】 http://hp.vector.co.jp/authors/VA005818/
【 対応OS 】 Windows95,NT4以上
【 ソフト種別 】 フリーソフト

[PR]
# by tool_collector | 2005-05-26 16:05 | データベース
 
 
 
 
Copyright © 谷澤英樹 All Rights Reserved.